Cổng Thông Tin Du Học Tỉnh Osaka

大阪大学箕面キャンパスが移転 「大阪外大」が名実ともになくなることに

SuitaWeb 1件のコメント

大阪大学と箕面市は、大阪大学箕面キャンパス(箕面市粟生間谷東)を箕面市の船場地区に移転させることについて覚書を締結したと発表しました。移転先は、北大阪急行の箕面延伸で設置される「(仮称)箕面船場駅」の駅前で再開発が予定されている地区(箕面市船場東)です。



移転後の新キャンパス周辺イメージ図

発表によると、箕面キャンパスを船場地区に移転させるとともに、現在のキャンパスは箕面市に移管し、スポーツ施設などを整備することが検討されています。2021年の移転を目指しているとのことで、2020年度に開業予定の北大阪急行の延伸と合わせる形になるようです。現在の箕面キャンパスには、外国語学部や留学生会館などがありますが、それらを移転させます。

阪大箕面キャンパスは、もともと大阪外国語大学(大阪外大)のキャンパスだった場所で、大阪市内から1979年に移転して開設されました。2007年に、両大学が合併したことで、大阪大学の新たなキャンパスとなりました。この移転が実現すると、阪大との統合で名前のなくなった大阪外大ですが、キャンパスも変わってしまい、名実ともに姿を消してしまうことになりそうです。

箕面船場駅前の土地は、箕面市により国立循環器病研究センターの移転の誘致が行われていた場所です。同センターの吹田市の吹田操車場跡地への移転が決まったことで、「保健医療・スポーツなどの健康機能と公共ホールなどの文化機能を備えた複合施設」(箕面市)を整備する計画が検討されていましたが、目玉施設が決まった形です。

一方、阪大は、大阪外大との統合で、吹田、豊中に次ぐ新たなキャンパスを抱える事になったものの、学生の移動などで課題になっています。移転先は吹田・豊中の両キャンパスの中間地点となり、また、駅前の立地となり、利便性が高まることになります。

関西では、私立大学の都心回帰が話題になっています。関西大学が2010年にJR高槻駅前の再開発エリアにキャンパスを開設、立命館大学も今年4月、JR茨木駅近くに新キャンパスを設け、滋賀県のびわこ草津キャンパスや京都府の衣笠キャンパスから一部学部を移転させました。

阪大は、全国の旧帝大の中で、唯一県庁所在地にキャンパスがない郊外型の大学です。私立大が都市型のキャンパスを開設、移転する中、願ってもないチャンスだったのかもしれません。


大阪大学のキャンパス位置図

Ý kiến bạn đọc

Các tin tức liên quan